スポンサーリンク

ワンタイムパスワードを使おう

最近は、SNSなどのアカウント乗っ取りなどのニュースを目にすることが増えましたね。

オンラインゲームの世界にも、もちろんFINAL FANTASY XIVにも悲しい事ですが乗っ取りが存在します。
今回は、FINAL FANTASY XIVで乗っ取り被害に遭ったらどうなるのか。
被害に遭わないためにはどうすれば良いのかを考えていきたいと思います。

ゲームのアカウントを乗っとってどうするの?

誰か悪意のある人が、あなたのキャラクターを使って勝手にログインして何をすると思いますか?
その週のファッションチェックの回数を全部使われるとかでは済みません。
まずは、所持金全て持っていかれるでしょう。
リテイナーに預けているもの含めて全て持っていかれるでしょう。
次は所持アイテムです。これも売ってしまえばお金になりますね。トレードできないものもギルに変えてから盗まれてしまいます。
これだけでは終わりません。
もしあなたがFCに所属していると?
チェストの権限を持っていると?

そう

メンバーで必死に集めたギルやアイテムも根こそぎ奪われることでしょう。

自分は大丈夫

ほとんどの人はそう思っているでしょう。
実際、僕もまさかな…と思っています。

でも!被害にあった人は、乗っ取られるかもしれないと思っていたでしょうか。

否!

被害に遭われた方も特別な方ではなく、僕達と同じユーザーです。
ただ、FF14が好きで楽しくプレイしていただけの、僕達と何も変わらないユーザーなんです。
同じように、自分には無縁だと思っていた方も多いはずです。

自分は大丈夫

そう思っていても対策だけは怠らないようにしておきましょう。
何もせずに、いざ不幸が訪れた時に後悔するなら、対策をしておいて何もないやん。そうなった方が絶対にいい!

でも対策って何をするの

そこで、ワンタイムパスワードです。
ログインする時に、既存のIDとパスワードに加えてランダムのパスワードを追加で発行し、それを入力します。
発行方法は、セキュリティトークンというキーホルダー(有料)のようなものをスクエニから購入するか、ソフトウェアトークンというスマホアプリ(無料)を使います。
これらにアカウントを紐付けておくことで、ボタンを押す度に自分専用のパスワードがランダムで発行され、それも入力しないとログインできないのでセキュリティ強化ができます。
登録手順は【ワンタイムパスワード スクエニ】で検索するとすぐに表示されると思うので、ここでは省きます。

注意点

強制解除パスワードをわかるようにしておきましょう。

ワンタイムパスワードがないとログインできなくなるということは、紛失や故障があった場合にログインできなくなることがあります。
こういった場合の対策として、強制的にワンタイムパスワードを無効にすることが出来るようになっています。
その時に必要になってくるのが強制解除パスワードです。
これをわかるようにしておけば自分でその辺の手続きは出来ますが、これが無いとお手上げです。サポートセンターに電話して「あーだこーだ」面倒になります。
電話もつながらない、ログインも出来ない「あーーー!!!!もう!!」とイライラするばかりでしょう。
なので、強制解除パスワードをわかるようにしておくことは忘れないように!!

難しそうだからや、めんどくさい等で使用せずにいると自分やフレンド、FCメンバーへも嫌な思いをさせてしまうことになるかもしれません。

ゲーム内にとどまらず、リアルの情報も契約内容などから抜き取られるかもしれません。

そうなってしまう前に、必ずワンタイムパスワードを導入してセキュリティを強化しましょう。
まわりのフレンドやFCメンバーへも導入しているかを確認し、どんどんすすめていいと思います。
そして、いつまでも楽しくエオライフを送っていきたいものですね。

 

でわでわ、今日はこの辺で~



スポンサーリンク